チアシードの効果とは!?,ダイエットに大事な食べ方

チアシードスープの効果と注意点

 

寒い季節は温かいものが欲しくなります。そんな時には身体を温めるために美味しいスープを味わったりする方も多いのではないのでしょうか。スープは野菜を摂取できる上身体も温まるので身体にいいです。

 

スープにも色々な種類がありスープの味を変えるだけで様々な味を楽しむことができます。野菜など多く摂取できる野菜スープなどは栄養価も高く身体にいいですが新たに栄養のあるものを加えることで栄養価はアップします。

 

その加える栄養のあるものとはチアシードです。チアシードは食物繊維が多く栄養価が高いことで有名です。さらに水で戻すことで10倍も膨らむので満腹感も得られ空腹感を感じにくくする特徴があります。

 

チアシードは冷たいものとの相性が抜群なので冷たい物との組み合わせが多くなっています。チアシードは熱に弱いので熱いお湯に入れてしまうと栄養が失われてしまいます。

 

しかしチアシードスープの食べ方に気を付ければチアシードスープには効果があります。スープに入れる場合は水で戻したものを入れると効果的です。口に含んだときに温かさがある程度であればチアシードスープでも栄養素が失われることはありません。

 

ただチアシードは水で戻すことでカエルの卵のようになるので外見的にはあまりいいものではありません。料理に入れる時は見た目が白い、チアシードよりも進化を遂げたホワイトチアシードを使うことがおすすめです。チアシードスープとして効果を得たい方であれば食べ方によく気を付けることで効果を期待できます。

 

チアシードとバジルシードの違い

 

チアシードとバジルシードは両方ともダイエット食として人気があります。どちらも栄養価が高く水を含むことでゼリー状になるので食べやすさがあります。見た目も同じようなチアシードとバジルシードでもそれぞれの特徴があったり違いがあるので二つを比べた上で違いをご紹介していきます。

 

チアシードとバジルシードの見た目ですがチアシードはシソ科サルビア属で種の色は黒、茶、灰とまばらな色をしています。主に南米で栽培され水分を吸収すると10倍ほど膨張するのが特徴です。

 

バジルシードは同じシソ科ですがオシウム属と属性に違いがあります。種の色は黒色一色のみで主に東南アジアで栽培され水分を吸収すると約30倍膨張するのが特徴です。

 

このように似ていても違いが大きいことが分かります。産地の共通点が赤道に近いことから日差しが強く地面が乾燥しやすいので水分を確保するために水分を含むことでどちらもゼリー状になります。

 

チアシードはゼリーの中に種が浮いたような見た目となり、ゼリーの部分はゆるめのゼリーに胡麻が浮いたようなものになります。

 

バジルシードは種一つ一つの周りにゼリーが覆いチアシードのゼリーに比べると少し固さがあります。チアシードが胡麻入りのゼリーといった食感ですが、バジルシードは噛むとジャリジャリ感がありその食感はキウイに近いです。

 

栄養面で比べるとチアシードは食物繊維、必須脂肪酸であるオメガ3、オメガ6、植物性タンパク質、豊富な必須アミノ酸、鉄分、カルシウムと豊富な栄養素が含まれています。

 

バジルシードは食物繊維、植物性タンパク質、アミノ酸、必須脂肪酸であるオメガ3と栄養価の面ではチアシードが豊富と言えます。ですが食物繊維はバジルシードの方が豊富になります。

 

夜に食べると効果的!?チアシードヨーグルト

 

 

チアシードヨーグルトは朝食べる人が多いと思います。朝にいいと思われがちなチアシードヨーグルトですが実は夜に食べる方が効果的なんです。チアシードと言うと今、スーパーフードとして人気があります。

 

チアシードヨーグルトには食べ過ぎの防止やダイエット効果、美肌効果、便秘解消効果など健康いいとされる効果があります。これなら朝食べても夜食べても変わらないんじゃないかと思う方も多いと思いますが夜食べることにメリットがあるんです。

 

便秘解消の目的でチアシードヨーグルトを食べるなら夜がおすすめです。理由としては、腸は寝ている間に活発に働くからです。寝ている間は何も口にすることがないのでこの間は腸に負担がかからずに

 

酸素や乳酸菌が腸内を整えてくれます。そのため寝る前にチアシードヨーグルトを食べることで腸内環境を整える働きが活発に行われます。

 

時間帯としては特に夜22時〜2時の間が腸が特に活発になるのでその時間に合わせて夕食後にチアシードヨーグルトを食べると効果的です。夕食前ですと胃酸で乳酸菌が死んでしまうので注意が必要です。

 

さらにホットヨーグルトにすることでより美味しく味わうことができます。温めすぎは乳酸菌が死んでしまうので温度に気を付けた上で夜は温かいホットヨーグルトで身体を温めたり工夫を加えたりして効果を実感して下さい。

 

今まで効果のなかった方も夜にチアシードヨーグルトを食べてみることで変化が表われるかもしれません。

 

チアシードの効果と混ぜて食べたいドリンクランキング

 

更新履歴